太った猫の体重ごまかし「密航」、男性乗客のマイレージ取り消し ロシア

愛猫の体重をごまかした男性が、アエロフロート航空のマイレージを取り消された/PASCAL PAVANI/AFP via Getty Images

愛猫の体重をごまかした男性が、アエロフロート航空のマイレージを取り消された/PASCAL PAVANI/AFP via Getty Images

(CNN) ロシアの首都モスクワの空港で体重検査をごまかして太った猫を「密航」させた男性が、アエロフロート航空のマイレージを取り消される羽目になった。

愛猫の「ビクター」を連れてモスクワ発ウラジオストク行きの便に搭乗したのはミハイル・ガーリンさん。

同航空の規定によると、体重8キロまでのペットは機内への持ち込みが認められるが、それ以上になると貨物室に預けなければならない。

チェックイン時のビクターの体重は10キロだった。

ガーリンさんは、愛猫を貨物室に送るわけにはいかないと粘ったが、係員を動かすことはできなかった。

やむなくこの便への搭乗をあきらめたガーリンさん。だが検査をすり抜けるための策を思いついた。

「戦略的決定に基づき、物理質量が少ない似たような猫を見つけることにした」。フェイスブックではそう報告している。

ガーリンさんは、モスクワの友人に頼んで「ミニビクター」を探してもらったとCNNに打ち明けた。

ちょうどいい猫が見つかると空港に戻り、再びウラジオストク行きの便に搭乗を試みた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]