夏休み中の教師、2.12カラットのダイヤ発見 米アーカンソー州

夏休みに訪れた州立公園での採掘体験でダイヤモンドを発見したレイニックさん/Arkansas State Parks

夏休みに訪れた州立公園での採掘体験でダイヤモンドを発見したレイニックさん/Arkansas State Parks

(CNN) 米南部アーカンソー州のダイヤモンド・クレーター州立公園で今月、旅行者の男性が2.12カラットのダイヤモンドを見つけた。

ネブラスカ州の教師、ジョシュ・レイニックさん(36)は24日、夏休みの家族旅行でダイヤの採掘体験ができる同公園を訪れた。

採掘エリアでブランデーのような色の石が光っているのを見つけて拾い上げた。一家はエリア内で約2時間過ごした後、集めた石を園内の案内所に持ち込んだ。

担当者によると、ブランデー色の石は同公園で今年見つかった中で最も大きい2.12カラットのダイヤだと判明した。

ここで採掘されたダイヤは1906年以降、計7万5000個を超えている。今年はすでに296個、計53.94カラットのダイヤが見つかった。

同担当者によれば、公園周辺では今月16日に約360ミリの激しい雨が降った。これによってダイヤを覆っていた土が流されたとみられ、1カラット以上の2個を含む多くのダイヤが相次いで見つかっていたという。

来園者はここで見つけたダイヤを持ち帰ることができる。レイニックさんはダイヤを売るかどうかという質問に、当面は手元に置くつもりだと答えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]