トイレに流したダイヤの指輪、9年ぶりに持ち主に 配管作業員が発見

指輪が9年ぶりに持ち主の元に戻った/WPVI

指輪が9年ぶりに持ち主の元に戻った/WPVI

(CNN) 米ニュージャージー州の女性がうっかりトイレに流してしまったダイヤモンド入りの結婚記念指輪が、配管の中から9年ぶりに見つかり、持ち主の元に戻ってくる出来事があった。

取り戻してくれたのは、配管で作業をしていた公共事業担当の職員だった。

ポーラ・スタントンさん(60)は、ダイヤモンドをあしらった金の指輪を結婚20周年の記念として夫からプレゼントされた。ところが9年前、掃除をしている時に指輪が指からすべり落ち、下水に流されてしまった。

「胸が張り裂けそうだった」「大切なものだったので、夫に話すのをためらった」。スタントンさんはCNN系列局のWPVIの取材にそう語った。

夫は代わりに同じ指輪を買ってくれたが、スタントンさんはずっと、あの指輪がいつか見つかってほしいと願い続けていたという。

スタントンさんは2年前、同州サマーズポイント公共事業部の職員、テッド・ゴーゴリさんに事情を伝えた。ゴーゴリさんは、指輪を見かけたことはないが、心に留めておくと約束した。

先月になって、ゴーゴリさんがスタントンさんの自宅から120メートルほど離れた配管の作業をしていた際に、泥の中で光るものが目に入った。拾い上げて汚れを落としたところ、まさにあの指輪だった。

「指輪はあの家族から離れなかった」とゴーゴリさんは振り返る。「あらゆる事態が想定できた。押し流されていたかもしれないし、潰れていた可能性もある。だがあの指輪はこうなる運命にあった」

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]