「幽霊船団」で自然が復活、1次大戦の歴史眠る 米マローズ湾

ミサゴやハクトウワシのような希少種の鳥が船上に巣を作って生息している

ミサゴやハクトウワシのような希少種の鳥が船上に巣を作って生息している

保護区指定に向けた動きを後押しする海洋考古学者のドン・ショメット氏は、静かな自信をみせる。NOAAの当局者をこの場所に連れてきたときは、目の前に光景に驚いていたという。マローズ湾では約36平方キロの場所に、考古学上の記録に残る廃船が185隻あり、歴史的な船が集まる場所としては西洋でも有数だ。

ショメット氏にはマローズ湾の「幽霊船団」についての著書がある。愛着を持つようになったきっかけは、1950年代に父とキャンプに来たときのことだ。

ショメット氏は「自分はまだ10代になったばかりだった」と当時を振り返る。南北戦争時代からある埠頭でキャンプをし、夜はゴースト・ストーリーを聞かされた。翌朝になると、川は霧に包まれていた。

「川を下るとある船夫に会った。君たち幽霊船団を見に行くのかいと聞かれた。背筋が凍りそうになった」と述懐。10分ほどすると、霧の中から船首が立ち現れてきた。若い頃の忘れられない思い出だ。

シュメット氏は数年後、この場所の調査に着手。南北戦争時代の密航船の存在を突き止めた。1928年に建造され、第2次世界大戦で就役した「アコマック」もここに眠っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]