米アップル、iPhone窃盗犯に警告 「追跡されている」

米アップルがiPhoneの窃盗犯に対し警告を発していることが分かった/Rob Kim/Getty Images

米アップルがiPhoneの窃盗犯に対し警告を発していることが分かった/Rob Kim/Getty Images

(CNN Business) 米アップルが自社の店舗から「iPhone(アイフォーン)」を盗んだ者に対し、「(盗んだ端末は)追跡されている」との警告を発していることが分かった。

アップルは盗まれた端末を無効化して、動作不能にする対応も取っている。

米国で黒人男性ジョージ・フロイドさんが死亡した事件を受け、抗議デモは世界各地に拡大。こうした中、ツイッターや掲示板サイト「レディット」では今週、アップルからの警告文を写したスクリーンショットが投稿されるようになった。

アップルストアは新型コロナウイルスの流行の影響で数カ月にわたり閉鎖していたが、最近になって全米で営業を再開した。ニューヨークやフィラデルフィア、首都ワシントンなどの店舗で破壊行為や窃盗が報告されている。

ツイッターに投稿された警告文では、フィラデルフィア市ウォルナット通りの店舗に言及して、「ウォルナット通りのアップルストアに戻ってください」「この端末は無効化され追跡されています。地元当局に通報します」としている。

ただ、警告文を表示する試みは今回のデモに限ったことではなく、アップルは以前から、盗品の位置を追跡する特別なソフトウエアを店頭のiPhoneにインストールしている。このソフトは購入手続きを経たiPhoneでは作動しない。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は先月31日、従業員宛てのメモでフロイドさんの死を「不条理」と形容し、人権団体への寄付を表明していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]