初代ウォークマンから40年、ソニーが記念モデルを発表

初代「ウォークマン」の発売から40周年を迎え記念モデルが発表となった/Kiyoshi Ota/Bloomberg/Getty Images

初代「ウォークマン」の発売から40周年を迎え記念モデルが発表となった/Kiyoshi Ota/Bloomberg/Getty Images

(CNN) ソニーは、音楽携帯プレーヤー「ウォークマン」が誕生から40周年を迎えたことを受けて記念モデルを発表した。

初代ウォークマン「TPS―L2」が発売されたのは1979年。本当に持ち運べる個人向けのカセットプレーヤーとして音楽の聴き方を変えた。ソニーはさまざまなバージョンのウォークマンを発売しているが、今回は特別な40周年記念モデルとなる。

記念モデルの「NW―A100TPS」は背面に40周年を祝うロゴが入っている。また、初代ウォークマンに外観がそっくりとなる特別製のケースもついてくる。

背面には記念のロゴが入る/sony
背面には記念のロゴが入る/sony

通常版で価格も安い新機種「NW―A105」も用意した。

OS「アンドロイド」で稼働し、デジタルアンプの「S―Master HX」により高品質な音楽が楽しめる。バッテリー寿命は最長26時間。USB―Cに対応。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]