ロシアが「見境ない」サイバー攻撃、英国など非難声明

英国などが、ロシアによる世界規模でのサイバー攻撃を非難する声明を発表/Photo Illustration: Getty Images / Shutterstock / CNN

英国などが、ロシアによる世界規模でのサイバー攻撃を非難する声明を発表/Photo Illustration: Getty Images / Shutterstock / CNN

(CNN) 英国、オーストラリア、ニュージーランドの当局者は4日に声明を出し、ロシアの諜報部が世界的な戦略として「悪意のある」サイバー攻撃を展開していると非難した。

英国のハント外相は声明で、同国のサイバーセキュリティーセンターが突き止めた事実として、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の工作員が複数のサイバー攻撃に関与していると発表した。これらの攻撃により、世界経済は数百万ドル規模の損失を被ったとされる。

オーストラリアとニュージーランドも同様の声明を出し、それぞれの情報機関を通じて複数のサイバー攻撃にロシアが関わった証拠をつかんだと主張。政治、ビジネス、メディア、スポーツに関連する各組織が標的になったという。

3カ国が言及したサイバー攻撃には、2016年米大統領選に先駆けて行われた民主党全国委員会を狙ったものや、17年にウクライナ国内の都市交通機関に仕掛けられたランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)、16年に世界反ドーピング機関(WADA)から各国代表選手に関する機密ファイルを盗んで公開した件などが含まれる。

ハント英外相は「GRUの行動は無鉄砲で見境がない。他国の選挙への妨害や介入を試みるほか、ロシアの企業と市民に損害を与えることさえいとわない」と強調した。

英国などによる今回の非難に対し、ロシア政府から返答はない。ただ米大統領選への介入問題などサイバー攻撃をめぐる一連の疑惑の多くについて、同国の指導者らは一貫して否定する立場をとっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]