米司法省、ロシア人の女を逮捕 工作員として活動した疑い

ロシアの工作員として米国で活動していた疑いのある女が逮捕・訴追された/KIRILL KUDRYAVTSEV/AFP/AFP/Getty Images

ロシアの工作員として米国で活動していた疑いのある女が逮捕・訴追された/KIRILL KUDRYAVTSEV/AFP/AFP/Getty Images

ワシントン(CNN) ロシア政府の工作員として米国への政治介入などを図った疑いで、米司法省がロシア人の女を逮捕していたことが17日までに分かった。

司法省によると、ロシア国籍のマリア・ブティナ容疑者(29)は15日に逮捕され、16日に首都ワシントンの裁判所に出廷した。

同容疑者の逮捕は16日、トランプ米大統領とプーチン・ロシア大統領がフィンランドの首都ヘルシンキで会談した数時間後に発表された。

法廷文書やCNN取材班によると、ブティナ容疑者は2016年米大統領選の前後約3年間、ロシア政府高官の指示を受けて米国の政治団体に入り込み、対ロ政策の改善などを目指して活動していた疑い。

司法省は高官を名指ししていないが、この人物はロシア中央銀行のアレクサンドル・トルシン副総裁とみられる。トルシン氏は元議員で、今年4月に米政府がロシア政府関係者らに科した制裁の対象となった。

トルシン氏とブティナ容疑者は、共和党を支持する有力ロビー団体の全米ライフル協会(NRA)を通して共和党指導部や政財界の要人らに近付いたとみられる。トルシン氏はかねて、ロシア人でNRAの終身会員になっているのは自分とブティナ容疑者だけだと自慢していた。

2人はNRAの人脈を使い、大統領選の共和党候補だったトランプ氏とプーチン氏の間に裏ルートを設けようとしたこともある。この試みについてはCNNがすでに報じていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]