アマゾンのレジなし店、サンフランシスコとシカゴにも開設へ

2018.05.15 Tue posted at 14:16 JST

[PR]

サンフランシスコ(CNNMoney) 米ネット通販大手アマゾンが近く、会計レジのないコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」のサンフランシスコ店とシカゴ店を開設するとの見通しが明らかになった。

アマゾン・ゴーは今年1月、シアトルに第1号店がオープンしていた。地元紙シアトル・タイムズが、サンフランシスコとシカゴの店長の求人が出ていると報じた。同社は両都市で店舗用地を探しているとも伝えられていた。

アマゾンも両都市への進出計画を認めたが、開店の時期は公表していない。

アマゾン・ゴーでは、買い物客が入店時に専用アプリを読み取り機にかけると、センサーがその後の動きを追跡し、買った商品の代金を本人のアマゾン・アカウントに請求する。客はレジに並ぶこともなく、そのまま店を出て行けばいい。

ただし店内には商品の補充や酒を買う客の年齢確認、警備などの要員が多数配置されている。

アマゾンは昨年、米自然食スーパーのホールフーズ・マーケットを買収した。アマゾン・ゴーでもホールフーズの商品を多数販売している。

メールマガジン

[PR]