アップル、iCloudデータを中国企業に移管 懸念の声も

アップルが、iCloudのデータを中国企業に移管したことに対して、一部から懸念の声があがっている

アップルが、iCloudのデータを中国企業に移管したことに対して、一部から懸念の声があがっている

香港(CNNMoney) 米アップルのクラウドサービス、iCloud(アイクラウド)で、中国のユーザーのアカウントと暗号化キーが28日以降、現地の企業へ移管されることに対し、人権団体などから懸念の声が上がっている。

アップルによると、利用国を中国に設定しているiCloudアカウントのデータは今後、中国・貴州省政府が出資する企業、GCBDの管理下に移される。

中国で昨年6月に施行されたインターネット安全法により、クラウドサービスを提供する企業は全てのデータを中国国内に保管し、当局の要請に応じて提出するよう義務付けられたためだ。

米アマゾン、マイクロソフトも同様に、中国企業と提携する措置を取っている。アップルの報道担当者はCNNとのインタビューで、「新法に従ってiCloudのサービスを提供するか、サービスを打ち切るかの選択だった」と語った。

カナダ・トロント大学の研究機関「シチズン・ラボ」のロナルド・デイバート氏によると、中国当局は国際的な法手続きなしで、ユーザーのデータを容易に入手できるようになるという。

国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」は27日、「中国の抑圧的な法環境によってアップルがユーザーのプライバシーとセキュリティーを守ることが困難になる」との声明を出した。

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」は今月、中国を拠点とするジャーナリストにiCloudの利用国を変更するか、アカウントを完全に閉鎖するかの対応を促した。

デイバート氏も中国のユーザーに対し、iCloudには慎重に扱う必要のあるデータを保存しないよう呼び掛けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]