北朝鮮ハッカー集団、米韓の戦時作戦計画を入手か 韓国議員

2017.10.11 Wed posted at 10:03 JST

[PR]

ワシントン(CNN) 韓国の国会議員は10日、韓国国防省から入手した情報として、同省のデータベースが2016年9月に北朝鮮のハッカー集団に不正アクセスされ、機密情報を盗まれていたことが分かったと語った。

韓国国会国防委員会の委員で与党民主党議員の李哲熙(イチョルヒ)氏によると、盗まれた情報の中には、韓国と米国の戦時作戦や、北朝鮮の指導者を排除する計画について記した文書が含まれるという。

国防省の報道官は10日の定例会見で李議員の発言について質問されたが、機密情報を理由にコメントを避けた。

米国防総省も具体的な内容についてのコメントは控えているが、マニング報道官は同日、「作戦計画の安全対策、および北朝鮮の脅威に対応できる我々の能力については確信を持っている」と強調。「彼らが言及している作戦計画とは二国間計画のことであり、その情報を守り、北朝鮮の脅威に対して朝鮮半島の即応能力を保証する姿勢において、韓国と米国は依然として強固な同盟関係を維持している」と語った。

米韓は数年前から、北朝鮮が大胆なハッキング活動を行っているとの見方を示してきた。2013年に韓国の銀行や報道機関がサイバー攻撃を受けた事件や、14年にソニー・ピクチャーズエンタテインメントがハッキングされた事件についても、北朝鮮の関与が指摘されていた。

メールマガジン

[PR]