ロシア国営企業、北朝鮮にネット接続サービス提供

接続サービスの提供により、ロシア側から北朝鮮のネット状況を監視することも可能に

接続サービスの提供により、ロシア側から北朝鮮のネット状況を監視することも可能に

トランステレコムはロシア国営鉄道会社の傘下にあり、鉄道網に沿って敷設された光ファイバーケーブルは、北朝鮮との国境までつながっている。

インターネット接続サービスの提供を通じてロシアは北朝鮮に対する影響力を強めると同時に、北朝鮮のインターネットを監視することも可能になり、「ロシアにとってウィン・ウィンの関係」とボーランド氏は指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]