殺人と人肉食の容疑で夫婦逮捕、30人被害か ロシア

2017.09.26 Tue posted at 09:53 JST

[PR]

モスクワ(CNN) ロシア国営メディアは25日、南部クラスノダール地方で複数の被害者を殺害して遺体の一部を食べていたとして、35歳の男とその妻が警察に逮捕されたと伝えた。1999年以来、30人もの人々が殺害された可能性もあるとされ、捜査当局はロシア史上、最悪級の人肉食事件とみて調べている。

RIAノーボスチ通信によると、今月に入り、クラスノダールの路上に落ちていた携帯電話から、バラバラにされた女性の遺体の前で自撮りした男の写真が見つかった。この女性の遺体は翌日になって、付近にあったかばんの中から発見された。

携帯電話の持ち主の男は当初、女性の殺害を否定。遺体を見つけて一緒に写真を撮った後、携帯電話をなくしたと主張していた。しかしその後、この女性と、2012年に殺害された別の人物の2人について、殺害を認めたという。

これまでの捜査では、加工された人の手が入ったガラス容器が見つかった。容疑者の男はこの手について、一緒に写真を自撮りした遺体の一部だと供述しているという。

警察はこれまでのところ、被害者7人の身元を特定したが、多くの被害者については現時点で詳しいことは分かっていない。

メールマガジン

[PR]