米アップル、「噴霧器」の特許申請 マリフアナ市場を視野?

=CNNMONEY

=CNNMONEY

サンフランシスコ(CNNMoney) 米アップルが昨年、噴霧器に関連した特許を申請していたことが30日までに分かった。

詳細ははっきりしておらず、アップルの特許申請には、「物質は蒸発もしくは昇華される」とあるが、どのような物質なのかは明示されていない。特許では、物質を蒸気にするために加熱するチェンバーの中の温度調整されたプレートについて概要を説明している。

蒸気を使ってニコチンやマリフアナを吸引する人は多い。もし、アップルが娯楽用マリフアナなどについても視野に入れているなら、大企業がマリフアナ市場に参入してくることを意味する。

アップルに情報を求めたが返答はなかった。

噴霧器はヘルスケアや農業の分野でも使われており、個人利用以上の使い方をアップルが検討している可能性もある。

噴霧器については特許の申請でしかない。アップルは、折りたたみ出来る携帯電話や全面スクリーンについての特許も取得しているが、今のところ、いずれも製品としては登場していない。

米国では従来よりも娯楽や医療で利用するマリフアナに対して寛容になりつつある。カリフォルニア州では昨年、娯楽用マリフアナの合法化が投票で認められた。アップルの本社はカリフォルニア州クパチーノにある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]