ロシアによる政治団体へのハッキング、米が対抗措置を言明

ロシアによるハッキングについて米国が相応の対抗措置を言明

ロシアによるハッキングについて米国が相応の対抗措置を言明

ワシントン(CNN) 米ホワイトハウスは11日、ロシアによる米国の複数の政治団体へのハッキングをめぐり、これに対抗する措置を取る方針を明らかにした。米政府は先週、一連のサイバー攻撃におけるロシア政府の関与を公的に指摘していた。

ホワイトハウスのアーネスト報道官は、対抗措置は「相応の」ものになると指摘した。ただ、詳細は明かさなかった。米政府が取る行動に関して事前の予告はない見通しで、公表される可能性もないだろうとしている。

アーネスト氏による相応の対抗措置という表現は、米政府がサイバー活動について述べるときに通常使用する言葉遣い。

アーネスト氏によれば、「一連の」対抗措置が検討対象に挙がっているという。

リサ・モナコ大統領補佐官(国土安全保障・テロ対策担当)は先週、米紙ワシントン・ポスト主催のイベントで、米政府のロシアへの対応について発言。一般論に終始する内容だったが、司会者から繰り返し質問を受けると、モナコ氏は一連の選択肢として、情報機関による作戦や訴追、制裁などを挙げた。

ロシアによるハッキングをめぐっては、米政府が7日、ロシア政府の関与を公的に指摘した。米国の選挙に影響を与える目的で行われたハッキングに関し、米政府が他国を公に批判した初の例となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]