世界の超高層ビル、エレベーターの「最速」競う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高さ632メートルの上海タワーに「世界最速」のエレベーターが

高さ632メートルの上海タワーに「世界最速」のエレベーターが

(CNN) 世界で2番目に高い超高層ビル「上海中心大厦(上海タワー、高さ632メートル)」に、三菱電機の超高速エレベーターが導入された。エレベーターとしては世界一の速度で来場者を展望台へと運ぶ。

同エレベーターの速度は秒速20.5メートル。ウサイン・ボルト選手を上回り、チーターの走る速度に近い。

しかし速度を追求する超高層ビルは上海タワーにとどまらない。日立製作所はこの夏、中国南部の広州市で最も高い超高層ビルCTF(高さ530メートル)で、秒速20メートルの超高速エレベーターを披露した。地上階から95階まで、わずか45秒で到達する。

同ビルの開発にかかわった設計責任者は、「速さを望んではいたが、これほどの速度は予想していなかった」と振り返る。ただし「『最速』のタイトルはすぐに失うだろう」とも予想していた。

CTFのエレベーター内では速度が表示される。ハイテク技術を駆使した気圧調整システムで耳を守り、重力の影響で感じる耳詰まりなどの不快感を防ぐ仕組みも装備した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]