新サービスに奇妙な出品殺到、フェイスブックが謝罪

新サービスに規定違反の出品が相次いだ問題を受け、フェイスブックが謝罪

新サービスに規定違反の出品が相次いだ問題を受け、フェイスブックが謝罪

ニューヨーク(CNNMoney) 米フェイスブックがこのほど開設したユーザー同士で物品を売買できる新サービス「マーケットプレイス」に、奇妙な品目や違法品目の売り出しが相次いでいる。出品内容をチェックするシステムが機能しなかったとして同社が謝罪する事態となった。

マーケットプレイスは3日にサービスが始まった直後から、「良い子」「私の魂」「日本のサムライの鉢巻き」といった品目の出品が相次いだ。米ピッツバーグではビール1缶が25ドル(約2570円)で売り出され、ロンドンでは「妊娠したガールフレンド」を400ドルで売るという投稿が掲載された。ニューヨークでは「約6オンスの水(ボトル抜き)」に56ドルの値段が付いた。

フェイスブックは4日、こうした投稿の原因は「技術問題」にあったと述べ、規定違反の投稿をチェックするシステムが機能しなかったと説明した。

同社の規定では、医薬品、動物、アダルトグッズやサービス、アルコール、武器などを販売禁止品目に指定している。

現在は問題の解決に当たっており、今後は違反品目を見付けて削除する対策の確立に努めると同社は説明。問題が解決されるまで、マーケットプレイスのサービスは中止になった。

技術問題が原因で掲載されてしまった品目を削除する作業はまだ続けているといい、今後も規定違反の品目が掲載されてしまうことはあるかもしれないと説明。そうした投稿にはケースバイケースで対応するとした。

1日に10億人以上が利用するフェイスブックの投稿内容を同社が統制することは難しい。同社はユーザーに問題を報告してもらうツールを提供しているほか、画像認識技術を向上させて違法品目の発見に役立てる方針。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]