アップル、スマホの新機能開発 信号受信で無断撮影不可能に

撮影禁止の場所でスマホのカメラ機能が使えなくなる新技術をアップルが開発した

撮影禁止の場所でスマホのカメラ機能が使えなくなる新技術をアップルが開発した

ロンドン(CNNMoney) 米アップルが、コンサート会場などビデオ撮影禁止の場所においてスマートフォンのカメラを使えないようにする技術の開発を進めていることが1日までに明らかになった。

すでに特許を取得したという。アップルの知的財産情報などを扱う「パテントリー・アップル」というサイトが伝えた。

この新技術は、ビデオ撮影が禁止されている場所で赤外線でスマホに信号を飛ばすというもの。スマホが信号を検知すると、画面表示が変わったりビデオ撮影ができなくなったりする。

制限されるのは舞台など特定の方向に向けてのビデオ撮影のみなので、同行した友人の写真を撮ったりすることは可能だという。

また、信号を使ってスマホ画面の表示を変える技術を使えば、美術館で作品にスマホを向けると、その作品についての詳細な情報が表示されるといったサービスも可能になる。

特許取得についてアップルからコメントは得られなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]