「空飛ぶ車」、2017年にも登場? 世界のメーカーが開発競争

スロバキアのエアロモービルが開発する「空飛ぶ車」=エアロモービル提供

スロバキアのエアロモービルが開発する「空飛ぶ車」=エアロモービル提供

ロンドン(CNNMoney) 世界各国の小規模メーカーが、他社に先駆けて「空飛ぶ車」を発売しようとしのぎを削っている。本格生産が始まるとみられる2017年が、同業界にとっての転機になりそうだ。

一部のメーカーを挙げただけでも、米テラフギア、スロバキアのエアロモービル、米モラー・インターナショナル、オランダのパルVなどの各社が、数年以内に空飛ぶ車の製造販売に乗り出そうとしている。

テラフギアは米マサチューセッツ工科大学の卒業生が設立したメーカーで、小型機に切り替えられる自動車の製造を2017年から開始する見通しだ。既に手付金の支払いを済ませた顧客も多数に上る。

エアロモービルも開発が最終段階に入り、17年から手付金の受け取りを開始する。

一方、パルVは既に予約注文の受け付けを開始。17年春には納車が始まると見込んでいる。

モラーも手付金の受け付けを始め、米連邦航空局(FAA)に承認されれば16年には発売できると意気込む。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]