未来のPCはスマホ1台で マイクロソフトが新機能披露

2015.04.30 Thu posted at 15:29 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 米マイクロソフトは29日に米サンフランシスコで開いた開発者会議で、ユーザーが使っている端末に合わせて画面が動的に切り替わる新機能を次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」に搭載すると発表した。

新機能は「コンティニュアム(『連続』の意味)」と呼ばれる。例えばタブレットの画面でウィンドウズを使っている時はアプリが全画面表示され、キーボードとマウスを接続すると自動的にデスクトップPCの画面に切り替わる仕組み。

ウィンドウズ10ではスマートフォンでもパソコンでも実質的に同じコードが使われることから、無線接続機能の「ブルートゥース」経由でモニターとキーボードとマウスをスマートフォンに接続して、PCのように使うことが可能になる。

ただしこの機能に対応したハードウエアはまだ存在しておらず、2つの画面に対応できるスマートフォンはこれから開発する必要がある。ウィンドウズ10はこの夏に登場する見通し。マイクロソフトは携帯電話メーカーのノキアを傘下に収めており、対応スマートフォンが登場するのは確実だ。

開発者会議でマイクロソフトのOS担当幹部ジョー・ベルフィオレ氏が披露したデモでは、スマートフォンをモニターとキーボードとマウスに接続するとすぐ、モニター上のスマートフォン画面がウィンドウズのデスクトップのような画面に切り替わった。

メールマガジン

[PR]