スマホの情報盗む無人機、パスワードも傍受

2014.03.21 Fri posted at 16:48 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) スマートフォンの位置情報や入力したパスワードやなどのデータを盗み出す機能を持った無人機が開発され、英ロンドンで実験が行われている。来週シンガポールで開かれるサイバーセキュリティ―会議「ブラックハット・アジア」で発表される予定だ。

この無人機は「スヌーピー」(英語でsnoopは<せん索>の意味)と名付けられ、無線LAN機能が有効になっているモバイル端末を探し出す機能を持つ。ITセキュリティー研究機関センスポスト・リサーチの研究者グレン・ウィルキンソン氏らが開発した。

スマートフォンやタブレット端末には過去に使ったことのあるネットワークに接続を試みる機能がある。ウィルキンソン氏は「こうしたスマートフォンは、接続したことのあるネットワークの名を大声で叫んでいるようなもの」「スターバックスはどこだ? マクドナルドの無料Wi-Fiはあるか? と叫んでいる」と解説する。

スヌーピーはこの機能に付け込んで、相手が過去に接続したことのあるWi-Fiネットワークを装って信号を送信。信頼できるWi-Fiだと判断したスマートフォンが接続してくると、そのスマートフォンから送受信される内容をすべて傍受する。

メールマガジン

[PR]