親子で外食もスマホに熱中、子どものことは上の空 米調査

スマートフォンや携帯電話に熱中し、子どものことは上の空?

スマートフォンや携帯電話に熱中し、子どものことは上の空?

(CNN) 一緒に外食に出かけても、保護者はスマートフォンや携帯電話に熱中し、子どものことは上の空――。そんな実態調査結果が10日の小児科学会誌に発表された。

小児科医のジェニー・ラデスキー氏らは、米ボストンのファストフード店で幼児を連れた大人55人の行動を観察した。このうち73%に当たる40人が食事中に携帯電話を使用。30%は食事中もほぼ絶え間なく携帯電話に没頭していた。

ラデスキー氏は「食事中の交流や人とのやり取りが子どもの健康や発達のためになることは、多くの研究で実証されているのに」と嘆く。

携帯に没頭する大人たちは、子どもの相手をするよりも、文字を入力したり画面をいじったりする方に忙しい様子だった。通話の場合は子どもと目を合わせることも多く、話が終われば電話を置くことから、画面操作に比べれば没頭の度合いは低そうだった。

携帯を操作しながら子どもに気を取られることにいら立った様子を見せたり、子どもに話しかけられても上の空という保護者もいた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]