麦畑に出現したミステリーサークル、その正体は? 米

ミステリーサークルが出現

(CNN) 米カリフォルニア州北部の麦畑の中に突如巨大なミステリーサークルが出現し、宇宙人説も飛び出すなど話題を振りまいていたが、これは米半導体メーカー、エヌビディアが新製品の宣伝のために仕掛けた演出だったことが分かった。

エヌビディアのジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)は5日、ラスベガスで開催される家電見本市コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)の基調講演でミステリーサークルの画像の前に立ち、「この現象の裏にはエヌビディアの宣伝チームがいる」と明かした。

宣伝を狙ったのは同社がこの日発表したコンピューターグラフィックス処理装置(GPU)の新製品「テグラK1」。フアン氏は同製品をミステリーサークルに絡め、「この世のものではなく、宇宙人が開発したようなもの」と紹介した。

宣伝担当者によると、ミステリーサークルを作る案は昨年12月上旬に浮上。ハリウッドのロケ現場探しスタッフを雇ってカリフォルニア州北部で「完璧な」畑を見つけ出し、ミステリーサークルの制作経験がある英国の団体を呼び寄せた。

続いてうわさをかき立てるため、ベイエリアの放送局に匿名で情報を流し、ユーチューブにはアマチュア風のビデオを投稿。この宣伝が功を奏して12月30日までに取材陣や見物人が押し寄せる状況になった。

サークルの中には新しいGPUのヒントも込めた。例えば時計上の数字と点字で示した「192」という数字は、新GPUのコア(演算処理を担う中核部分)の数を示していたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]