今年ネットで最も話題になった人物は? 米社集計

ローマ法王フランシスコ。ネットで最も話題となった人物だという

ローマ法王フランシスコ。ネットで最も話題となった人物だという

(CNN) 2013年にインターネットで最も話題になった人物はローマ法王フランシスコ――。米調査会社GLMが、英語のブログやソーシャルメディア、ニュースサイトの集計をもとにまとめたランキングでそんな結果が出た。

GLMは単語、フレーズ、名称の3部門でランキングを集計。フランシスコ法王は名称部門でトップになったほか、短文投稿サイト「ツイッター」のアカウント「@Pontifex」は単語部門で4位にランク入りした。

単語部門のランキングは、ウェブサイトがつながらない時に表示される「404」が1位、「fail(失敗)」が2位だった。これは米医療保険改革法(オバマケア)に基づく保険加入登録サイトが開設当初から不具合に見舞われたことに起因するという。

フレーズ部門も米国の政治の混乱などを反映して、「toxic politics(有害政策)」、「federal shutdown(連邦政府機関閉鎖)」「global warming、climate change(地球温暖化、気候変動)」がトップ3だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]