米グーグル、「謎の建造物」の用途を明らかに

米サンフランシスコ湾に「謎の建造物」

(CNN) 米グーグルは6日、米カリフォルニア州のサンフランシスコ湾に出現して話題になっていた謎の建造物「グーグル・バージ」について、初めて用途を明らかにした。

「グーグル・バージは水上データセンターか、パーティー船か、それとも最後に生き残った恐竜の飼育施設か。残念ながら、そのどれでもない」。グーグルはCNNなどの報道各社に電子メールでそうコメントした。

「まだ初期段階なので変更するかもしれないが、新技術について学んでもらうための双方向スペースとして使うことを検討している」という。

建造物は4階建てで、人工島トレジャー島の埠頭(ふとう)につながれたはしけの上に、輸送用コンテナを積み上げた構造になっている。10月末に発見されて以来、用途を巡ってさまざまな憶測が飛び交っていた。

地元のテレビ局は、グーグルが発売予定の眼鏡型端末「グーグル・グラス」の水上ショールームができるらしいと報道。関係者の話として、ライバルのアップルが展開するスタイリッシュな直営店に対抗する狙いがあると伝えていた。

これまでグーグルが正式なコメントを避けていたため、短文投稿サイトのツイッターなどではこの建造物を巡る想像や冗談の話題も盛り上がった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]