米国防当局、ヒト型ロボットを披露

DARPA主催の大会で使用されるヒト型ロボット「アトラス」

DARPA主催の大会で使用されるヒト型ロボット「アトラス」

大会では車を運転したり、複雑な地形を歩行したり、障害物を取り除いてビルの中に入るなどの能力を競うほか、階段を上ったり、各種の道具を使いこなしてバルブを締めたり、コンクリートの壁を破ったりする能力も求められる。

アトラスの手首はモジュール式になっており、用途に応じて手先を付け替えたり、手袋をはめたりすることも可能だ。

災害現場では通信が途切れることも予想され、人間が逐一コントロールしなくても作業を完了できる能力も求められる。

12月の大会を勝ち抜いたチームは補助金を受け取って、2014年12月に開かれる決勝に進出。決勝ではさらに過酷な課題が待ち受けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]