中国でiPhone充電中に感電死? アップルが原因調査へ

アップルのiPhone5。当局などが調査を進めている

アップルのiPhone5。当局などが調査を進めている

香港(CNN) 中国国営新華社通信は16日までに、新疆ウイグル自治区で先週、充電中のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)5」で通話しようとした女性が感電死したとみられ、米アップルが原因を詳しく調査していると伝えた。

警察が14日発表したところによると、女性は中国南方航空の客室乗務員。11日、充電中のiPhoneにかかってきた電話に応答しようとした際に感電したという。警察は、iPhoneが原因だったのかどうかを含めて詳しく調べている。

アップルは声明で遺族に哀悼の意を示し、原因の徹底究明と当局への協力を表明した。

死亡した女性の姉妹は中国版ツイッター「ウェイボー(微博)」に「アップルからの説明を望む。皆さんは携帯電話を充電中に使うのを控えてほしい」と書き込んだ。

新華社通信が女性の父親の話として伝えたところによれば、女性の遺体には感電の跡が残っていた。同通信は一方、携帯電話の電圧は3~5ボルトで、通常人体に影響があるほどの高さではないとも指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]