「ツイッター履歴書」が密かな人気 就職成就につながるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
やはり直に会うのが一番?

やはり直に会うのが一番?

SNSのおかげで、ツイッターやリンクトインを通じて企業の求人広告に接触しやすくなった半面、条件を満たさない求職者のために混乱が生じることもある。

香港のヘッドハンター、サイ・プラダン氏は、マーケティング幹部職の選考に当たり、求職者のSNSチェックは最終段階で行っていると話す。

「候補者を5人まで絞り込んだ段階で、ネット上でその候補者をチェックした。まず書類で知り、会って話をし、何度か面接して、それから彼らが本当に言葉通りに行動しているかを調べる」という。

今後どのような自己表現の手段が登場するにせよ、求職者が常識と実社会のスキルを捨ててはいけないと同氏は釘を刺す。

「実際に会って握手をし、『あなたと一緒に働きたい』ということに勝るものはない。オンラインであらゆる経験をしていても、それをオフラインで実践してこそ成功につながる」と力を込めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]