TVドラマで愛された米俳優ベティ・ホワイトさん、99歳で死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベティ・ホワイトさんが死去。写真は2015年6月にロサンゼルスの動物園協会のイベントで撮影/Amanda Edwards/WireImage/Getty Images

ベティ・ホワイトさんが死去。写真は2015年6月にロサンゼルスの動物園協会のイベントで撮影/Amanda Edwards/WireImage/Getty Images

(CNN) コメディードラマ「ザ・ゴールデン・ガールズ」などのテレビ番組や映画に出演し、優しくも皮肉屋の年配者というキャラクターで愛された米女優のベティ・ホワイトさんが31日、死去した。99歳だった。ホワイトさんの親しい友人でもあった代理人が声明で、娯楽誌ピープルに対して明らかにした。

自らを「幸運なおばさん」と呼んでいたホワイトさんは、わずか数週間後の1月17日に100歳の誕生日を控えていた。

先の代理人はCNNの取材に対して、「ベティは100歳になるところだったけれども、彼女は永遠に生きると思っていた」「私はベティが死ぬことを恐れていたとは思わない。なぜなら彼女はいつも最愛の夫アレン・ラッデン氏と一緒になることをいつも望んでいたからだ。彼女はまた彼と一緒になれると信じていた」とコメントした。

ベティさんはギネス・ワールド・レコーズから「女性芸能人で最長のテレビ出演のキャリア」を持つ人物として認定されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]