機内でコロナ陽性判明の女性、トイレで3時間隔離

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛行中の機内でコロナ陽性判明、自らトイレに3時間隔離

(CNN) 飛行中の機内で自ら行った新型コロナウイルスの検査で陽性と判明した女性が、結果を乗務員に申し出て、その後数時間機内のトイレに自分を隔離した。

マリサ・フォティオさんは12月19日、家族と最終目的地のスイスに行くために、アイスランド航空の便でシカゴからアイスランドのレイキャビクに向かっていた。

フォティオさんはフライトの前に、PCR検査を2回、簡易検査を約5回受け、すべて陰性だったが、離陸後1時間半ほどしてのどに痛みを感じ始めたという。

直前にした家族や機内の搭乗客、自分のことを考えて神経質になったとフォティオさん/Courtesy Marisa Fotieo
直前にした家族や機内の搭乗客、自分のことを考えて神経質になったとフォティオさん/Courtesy Marisa Fotieo

シカゴで幼稚園の教諭をしているフォティオさんは、新型コロナウイルスワクチンを2回接種し、さらにブースター(追加)接種も受けていた。また日頃、ワクチン接種を受けていない幼児たちと接しているため、検査は常に受けているという。

「検査をしてみよう。気が楽になれる」と思ったフォティオさんだったが、トイレの中で即座に陽性とわかるとパニックに。客室乗務員はフォティオさんが他の乗客から離れて1人で座れるよう手配しようとしたが、あいにく同機は満員だった。

そこでフォティオさんは自ら、トイレでの隔離を申し出た。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]