仏代表ベンゼマ、恐喝未遂関与で有罪判決 セックステープ事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
判決を受けて記者団の質問に答えるベンゼマ被告の弁護士ら/Christophe Ena/AP

判決を受けて記者団の質問に答えるベンゼマ被告の弁護士ら/Christophe Ena/AP

ベンゼマ被告の弁護団は上訴する方針。控訴審で嫌疑が晴れるだろうとしている。

バルブエナ選手の弁護士はベンゼマ被告の量刑に関するコメントを控えた。

この事件はバルブエナ選手の映ったセックステープに関連したもので、ベンゼマ被告はバルブエナ選手に対し、テープ流出を防ぐため恐喝グループに支払いを行うよう迫ったとされる。

ベンゼマ被告はスペインリーグの強豪レアル・マドリードに所属し、現在得点ランキングトップに立つ。事件の影響で当初、フランス代表チームから活動停止処分を受けていたものの、サッカー欧州選手権(ユーロ2020)で代表復帰を果たした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]