米歌手R・ケリー被告に有罪評決、子どもの性的搾取など 数十年服役の可能性も

米R&B歌手のR.ケリー被告/Antonio Perez/Pool/Getty Images

米R&B歌手のR.ケリー被告/Antonio Perez/Pool/Getty Images

ニューヨーク(CNN) 米ニューヨーク州東地区連邦地裁の陪審団は27日、米R&B歌手のR・ケリー(本名ロバート・シルベスター・ケリー)被告に対し、子どもの性的搾取や性的人身売買、贈賄などの罪で有罪評決を下した。

ジャクリン・カスリス検事は評決を受け、「R・ケリーはその名声と富を使い、自分の性的満足のために若者や立場の弱い者、声なき者を餌食にする人物だと今日の評決で永遠に刻まれた」と述べた。

また、ケリー被告が長年にわたり自分の取り巻きを使って少女や若い男性、女性をわなにはめてきたとも言及し、被害者が名乗り出た勇気をたたえて「あなたの声は届いた。法の裁きが下された」と語った。

裁判の事実審理で証言台に立った6人の被害者のうち3人を代理するグロリア・オールレッド弁護士は、ケリー被告はこれまで追及した性犯罪者の中で最悪だと断罪。「彼の弁護士が陪審団に信じ込ませようとした『年の離れた関係』ではない。子どもや大人に対する犯罪行為だ」と述べた。

ケリー被告は評決に反応を示さなかったが、代理人のデブロー・カニック弁護士によるとこの評決は被告の想定外だったという。

カニック氏は検察側が自分たちの説明を補強する都合のいい証拠だけを選んでいると批判した。評決には失望し、控訴を検討しているという。

陪審団は男性7人、女性5人から構成され、24日午後から評議に入っていた。

ケリー被告に対する量刑の言い渡しは来年5月4日の予定で、数十年の禁錮刑を言い渡される可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]