大学生がアルコール中毒死、関係者8人を逮捕 米バージニア州

米バージニア・コモンウェルス大学で男子学生が死亡した事件に関連して、8人が逮捕された/Shutterstock

米バージニア・コモンウェルス大学で男子学生が死亡した事件に関連して、8人が逮捕された/Shutterstock

(CNN) 米バージニア州リッチモンドのバージニア・コモンウェルス大学で、社交クラブのパーティーから帰宅した男子学生が死亡した事件に関連し、8人が軽犯罪の容疑で逮捕された。

同大学の学生だったアダム・オークスさん(享年19)は今年2月27日、社交クラブの歓迎パーティーに出て学外の自宅に帰った後、遺体で発見された。地元検視当局は5月、死因がアルコール中毒だったと断定していた。

リッチモンド警察が今月24日に発表したところによると、逮捕されたのは19~22歳の8人で、全員が新入生に対する違法なしごきの疑い、うち3人は未成年者に酒を飲ませた疑いをかけられている。

8人のうち7人は同日、大学警察に拘束され、27日に出廷する予定。残る1人は別の場所で州警察に拘束された後、保釈された。

警察は、この8人のほかに3人がオークスさんの死に関連して起訴され、数日中に出頭する見通しだと述べた。

大学はオークスさんの死を受けてこのクラブの活動を停止させ、6月には無期停止を言い渡した。またすべての社交クラブの活動を見直したうえで、今年度は新入会員を受け入れないよう指示。学部生が参加する学生団体の行事では飲酒を全面的に禁止すると発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]