フィル・コリンズさん、ドラム演奏できず 健康問題を告白

フィル・コリンズさんが健康問題のためにドラムを演奏できなくなったことを明らかにした/Ian Gavan/Getty Images

フィル・コリンズさんが健康問題のためにドラムを演奏できなくなったことを明らかにした/Ian Gavan/Getty Images

(CNN) 英ミュージシャンのフィル・コリンズさん(70)が、健康問題のためにドラムを演奏できなくなったと告白した。

コリンズさんは、ロックバンド「ジェネシス」の再結成ツアーの宣伝のため、メンバーとともにBBCの番組に出演。この中で、同バンドのドラムは息子のニック・コリンズさんが担当することになったと明かした。

自身がドラムを演奏しない理由については「本当はそうしたいんだけれど、この手でスティックを持っているのがやっと。体のことが邪魔している」と打ち明けた。

さらに、「私は体に少し不自由がある。本当は息子と一緒に演奏したいのに、とてももどかしい」と語り、自身は同バンドでボーカルを担当することを明らかにした。

ツアーは新型コロナウイルスのため延期になっていた。今回のツアーが終了後、再びツアーを行うかどうかは分からないとコリンズさんは言い、「私たちは全員がこの年代の男なので、多分これで一段落だと思う」「私に関しては、もうこれ以上ツアーに出かけたいと思うかどうかは分からない」と話した。

コリンズさんは何度も骨折を繰り返し、2015年に受けた背中の手術で神経を損傷した。17年に転倒してからは、杖をついて歩行するようになった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]