ニュース番組のアナウンサー、生放送中に給料未払いの窮状訴え ザンビア

ニュース番組のアナウンサーが生放送中、視聴者に向け給料の未払いの窮状を訴えた/From KBN

ニュース番組のアナウンサーが生放送中、視聴者に向け給料の未払いの窮状を訴えた/From KBN

(CNN) アフリカ南部のザンビアで、ニュース番組のアナウンサーが生放送中に自身や同僚が給料を支払われていない実態を視聴者に明かす出来事があった。

同国KBNテレビのアナウンサー、カリミナ・カビンダ氏は今月19日の生放送中、不意にニュース原稿を読むのを中断。「ニュースとは別に、視聴者の皆さん。我々は人間です。給料を支払われる必要があります」と、語り始めた。

続けて「残念ながら、KBNでは我々に給料が支払われていない」とし、自身を含むどの職員の給料も未払いになっていると訴えた。

カビンダ氏はフェイスブックにも放送時の動画を投稿。キャプションに「生放送でこれをやった。なぜならほとんどのジャーナリストは声を上げるのを恐れているが、それは声を上げてはいけないという意味にはならないからだ」と書き添えた。

KBNのケネディー・マンブウェ最高経営責任者(CEO)は、局のフェイスブックページへの声明で、カビンダ氏のコメントを批判。同氏は生放送中に酒に酔っていたと非難し、局として愕然(がくぜん)としていると述べた。

カビンダ氏はマンブウェ氏の批判に直接反論はしなかったが、続くフェイスブックへの投稿で放送当日の仕事のスケジュール表を公開。パーティーをするような時間はほとんどなかったことを示唆した。

マンブウェ氏は、KBNには全職員向けにきちんとした苦情処理の手順が用意されているとし、不満があればそれを伝えることは可能だと強調した。

またカビンダ氏が放送で不満を訴えることができた経緯を調査し、誰であれ加担した人物には懲戒処分を下す意向を表明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]