場違いな映像効果で気象予報士が「分身」、即席のダンスにスタジオ爆笑 米

本番中に気象予報士が「分身」、米テレビ局でハプニング

(CNN) 米FOXニュースが運営するミネソタ州ミネアポリスのテレビ局でこのほど、天気予報のコーナーを放送中、場違いな映像効果により画面上の予報図や気象予報士が何重にも浮かび上がって映し出されるハプニングがあった。思いがけず画面上で「分身」状態となった予報士の女性は、予報そっちのけでダンスのような動きを披露。映像は一段と奇妙なものとなり、スタジオは笑いに包まれた。

この日、番組内でミネソタ州の天気を伝えていた気象予報士のジェニファー・マクダーメッドさんは、画面上の自分の姿や背後の気温分布図が何重にも浮かび上がって映っているのに気付いた。

やや驚いた様子を見せたマクダーメッドさんだったが、「ファンキーだわ」と映像の感想を口にすると、歓声を上げながら腕を上下にひらひらと動かした。画面上のマクダーメッドさんは腕の残像によって「千手観音」を思わせる姿になった。

その後も「何が起きてるの」と言いつつ、コミカルな動きで画面から出たり入ったりしたマクダーメッドさん。映像効果により自分の「分身」が次々と現れるのに笑いをこらえられない様子だった。

画面の外からは他の出演者のものと思われる笑い声や、マクダーメッドさんに動きをリクエストする声も聞こえてきた。

映像は40秒ほどで正常に戻ったが、マクダーメッドさんは「最高だった」と強調。ソーシャルメディアの自身のプロフィル画像を「分身」状態のものに変えるなど、引き続きハプニングを楽しんでいた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]