ビクトリア滝も枯渇、数千万人を襲う飢え アフリカが目の当たりにする気候変動の影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

干ばつの脅威、アフリカ南部に迫る飢餓の危機

ジンバブエ・ビクトリアの滝(CNN) アフリカ南部ジンバブエとザンビアの国境にあるビクトリアの滝。かつては切り立った崖を大瀑布(ばくふ)が流れ落ち、辺り一体が水煙に覆われていた。

ところが何年も続いた干ばつの影響で、滝はほとんどが弱々しい小川のような流れと化し、かつて生い茂っていた豊かな植生は枯れ果てた。

世界食糧計画によると、ジンバブエだけでも700万人以上が飢えにさらされ、アフリカ南部ではさらに4500万人が飢えのリスクに直面している。

この地域の現状は、気候変動の影響を物語ると同時に、温暖化ガスの排出量が最も少ない地域が、気候変動の最も大きな影響を受けている現実を見せつける。

スペインのマドリードで開かれた第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)にこの地域から参加した環境活動家ヌコシ・ニャティさん(16)は、出発を前に、「私たちにはまだ未来がある」「私たちはこの干ばつで、現実を目の当たりにしている。私たちの未来はどうなるのか、10年後、15年後には、もっと大きな影響を受けるだろう」と危機感を示した。

ニャティさんが環境問題を訴える活動を始めたのは10歳の時。再生可能エネルギーや気候変動について、地域住民への啓発活動を行うようになった。

ニャティさんがスペインを訪れたのは、気候変動をめぐる論議に若者の参加を促すことを目的としたユニセフのプロジェクトの一環だった。ニャティさんがこの地域から外へ出たのは初めてだったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]