故ポール・ウォーカーさんが映画で運転、トヨタ・スープラが競売に

「ワイルド・スピード」シリーズで運転した1994年モデルのトヨタ・スープラが来月競売に/Courtesy Barrett-Jackson Auction Company

「ワイルド・スピード」シリーズで運転した1994年モデルのトヨタ・スープラが来月競売に/Courtesy Barrett-Jackson Auction Company

(CNN) 故ポール・ウォーカーさんが映画「ワイルド・スピード」シリーズで運転した1994年モデルのトヨタ・スープラが来月、米ラスベガスで競売にかけられることがわかった。

競売会社のバレットジャクソンによれば、オレンジ色のスープラは2001年のシリーズ1作目と03年の続編に登場した。

バレットジャクソンによれば、車体やインテリアが実際に映画の撮影で使われたことを示す書類もあるという。

このスープラは工場モデルで、ターボチャージャー付きの6気筒エンジンと4速オートマチックトランスミッションを搭載している。

バレットジャクソンによれば、カリフォルニア州エルセグンドの「シャーク・ショップ」で1作目のために作られた後、2作目のために改造された。その後、元の形に戻され色も塗りなおされていた。

このスープラはバレットジャクソンが6月17~19日に開催する競売に出品される予定。

「ワイルド・スピード」シリーズはこれまでに8作品が公開され多くの収益を上げている。6月には9作目が公開される予定。

ウォーカーさんは最初の7作品のうち6作品で出演している。ウォーカーさんは13年にカリフォルニア州で同乗していた車が事故を起こして死亡した。7作目については死後の出演となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]