3歳児がソファから銃を見つけ発砲、2歳妹が撃たれて重体 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女児が撃たれて重体となっている件で、23歳の男が銃器の安全な保管を怠った容疑などで逮捕された/Bay 9 News

女児が撃たれて重体となっている件で、23歳の男が銃器の安全な保管を怠った容疑などで逮捕された/Bay 9 News

(CNN) 米フロリダ州レイクランドの民家で、3歳の男児がソファの間に隠してあったけん銃を見つけて発砲し、2歳の妹が撃たれて重体となっている。

地元保安官が22日の記者会見で語ったところによると、この家には21日夜、米プロバスケットボールNBAの試合をテレビ観戦しようと男性3人が集まっていた。

深夜0時前に発砲音が響いた。ソファの上に撃たれた女児がいて、男児は部屋から飛び出し、泣きながら寝室に駆け込んだ。

3人は子どもたちを連れて車で病院へ向かった。途中で別の車に激突し、この事故でもけが人が出たという。

女児は胸を撃たれていた。銃弾は下向きにすい臓を貫通し、大腸や小腸も貫いた可能性がある。容体は「極めて重篤」とされ、すでに完了した1回を含めて複数の手術を受ける見通しだ。

同保安官は、男児が罪に問われることはないと強調した。兄妹の母親は外出中だった。男性3人と兄妹の関係は公表されていない。民家の捜索で大麻と喫煙具が押収された。

3人は警察の捜査に協力している。銃を持ち込んだ男(23)は、子どもたちが銃を触らないよう、ソファの間に隠しておいたと供述した。許可なく銃を隠し持ち、安全な保管を怠った容疑や、大麻所持容疑で逮捕された。

フロリダ州法は、子どもが家族に撃たれた事故で容疑者を逮捕できるのは7日後からと定めている。警察はこれを待って、男性の容疑を追加する構えだ。

民家を所有する男性(24)には別件で出ていた逮捕状に加え、大麻所持などの疑いがかけられている。銃が持ち込まれたことは知らなかったと話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]