コービー引退試合のフロアパネルが競売に 5000万円超か

最後の試合でフロアにサインしたコービー・ブライアント氏/Juan Ocampo/NBAE via Getty Images

最後の試合でフロアにサインしたコービー・ブライアント氏/Juan Ocampo/NBAE via Getty Images

(CNN) 米プロバスケットボールNBAの元スター選手で今年1月に事故死したコービー・ブライアント氏が2016年、現役最後の勇姿を見せた会場のフロアが、オークションにかけられている。

ブライアント氏は15年11月に引退を表明。16年4月13日に所属チーム「レーカーズ」の本拠地、ロサンゼルスのステイプルズ・センターで引退試合に臨んだ。

会場のフロアにはブライアント氏が現役時代に着けた背番号8と24の数字が描かれ、同氏は試合後に8の数字の上にサインした。

縦240センチ、横120センチのパネル4枚が並んだこの部分のフロアは、試合の1カ月後にレイカーズ・ユース財団がオークションに出し、17万9100ドル(約1880万円)で落札されていた。

ブライアント氏と次女ジアナさんがヘリコプターの墜落事故で亡くなってから、同氏ゆかりの品は価値がさらに上がっている。

オークションは来月初めまで開かれ、落札価格は50万ドル(約5250万円)にも達する可能性があるという。

主催のヘリテージ・オークションズによると、出品者はブライアント父娘の遺志を継ぐ「マンバ・アンド・マンバシータ・スポーツ財団」に収益の10%を寄付する意向だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]