16歳の仏クライミング選手、がけから転落し死亡

16歳のクライミング選手、がけから転落し死亡 フランス

(CNN) スポーツクライミングのフランス代表として将来を嘱望されていた16歳のリュス・ドゥアディさんが、がけから転落して死亡した。仏登山・クライミング協会が明らかにした。

フランスのクライミング界の新たなスターと目されていたドゥアディさんについて、協会は15日の声明で「とても有望な選手だった」とその死を悼んだ。

声明によるとドゥアディさんは14日、フランス南東部イゼール県のクロル近郊のがけから転落した。現場には複数の友人もいたという。

ドゥアディさんの所属するクラブは15日にフェイスブックで声明を発表。ドゥアディさんを「素晴らしい人物」と称えたうえで「自分の人生を全力で生き切った」と述べた。

昨年、ドゥアディさんはイタリアで行われたユース年代のボルダリングの世界選手権で優勝。初参戦したワールドカップ米国大会は5位でフィニッシュしていた。

スポーツクライミングは五輪の新種目として、東京五輪から採用される。今夏開催予定だった東京五輪は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響で来年に延期されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]