全米オープン、大坂なおみが優勝 アザレンカに逆転勝ち

大坂なおみ選手が全米オープンで2年ぶりの優勝を果たした/Seth Wenig/AP

大坂なおみ選手が全米オープンで2年ぶりの優勝を果たした/Seth Wenig/AP

(CNN) テニスの全米オープンは12日、女子シングルス決勝が行われ、大坂なおみ(22)がベラルーシのビクトリア・アザレンカ(31)に逆転勝ちして、4大大会3度目の制覇を果たした。

大坂は大会7試合目のこの日、事前に用意していた7枚のマスクのうち、最後の1枚を着けて登場。マスクには、警察の暴力による犠牲者の7人目として、2014年に警官に射殺された黒人少年、タミル・ライス君(当時12)の名前が入っていた。

決勝の序盤では、アザレンカがわずか26分間のうちに第1セットを6―1で先取。第2セットでは大坂が第3ゲームから反撃に出て6―3と奪い返し、第3セットに持ち込んだ。

最終セットの熱戦を6―3で制して優勝を決めた大坂は、コートに寝転んで空を仰いだ。

優勝後、コートに寝転んだ大坂選手/Matthew Stockman/Getty Images North America/Getty Images
優勝後、コートに寝転んだ大坂選手/Matthew Stockman/Getty Images North America/Getty Images

4大大会で3勝目を挙げた23歳未満の女子選手としては、08年のマリア・シャラポワ以来の快挙となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]