落雷受けた16歳サッカー選手、3週間で復帰果たす ロシア

16歳のGKに雷が直撃、瞬間の映像を公開 ロシア

(CNN) ロシアでサッカーの練習中に落雷に直撃された16歳のゴールキーパーが、目覚ましい回復ぶりを見せて3週間足らずで復帰を果たした。

ロシアの3部リーグ、ズナーミャ・トルーダに所属するイワン・ザボロフスキー選手(16)は、練習中にゴールへ向かってボールを蹴ろうとしたところで雷に直撃された。チームメートはタッチラインの近くで練習していた。

所属チームは、ザボロフスキー選手が稲妻に打たれて地面に倒れる瞬間の映像を公開していた。

ザボロフスキー選手が雷に打たれた瞬間/FC Znamya Truda
ザボロフスキー選手が雷に打たれた瞬間/FC Znamya Truda

ザボロフスキー選手は病院に搬送され、医療措置による昏睡状態に置かれて経過観察を受けていた。しかしそれから3週間足らずで無事に復帰を果たした。

有望な若手としてズナーミャ・トルーダとの間で新たな契約を結んだばかりのザボロフスキー選手。事故のことは覚えていないものの、胸にやけどを負っただけで済んだと振り返り、「息苦しかったけれど、それだけだった」「今はどんどん良くなっていて、普段通りに戻っている」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]