元NBAスター選手、5千万円相当の宝石盗まれるも無事に戻る 米

NBAで活躍したアレン・アイバーソンさん。盗まれた宝石類が無事に戻ったという/Mitchell Leff/BIG3/Getty Images

NBAで活躍したアレン・アイバーソンさん。盗まれた宝石類が無事に戻ったという/Mitchell Leff/BIG3/Getty Images

(CNN) 米フィラデルフィアのホテルでこのほど、50万ドル(約5400万円)相当の宝石が入ったリュックサックが盗まれる事件が発生した。リュックは米プロバスケットボール(NBA)のスター選手として活躍したアレン・アイバーソンさんのものとみられていたが、宝石類はその後無事に本人の手に戻った。

フィラデルフィア警察によれば、当該のリュックは先月27日、ホテルのロビーから盗み出されていた。警察はCNNの取材に答え、その後、21歳の男が自首し、宝石類が戻ったことを確認した。

警察はプライバシーなどを理由に盗難の被害者の身元を明らかにしていなかった。しかしアイバーソンさんのマネジメント会社はツイッターに、アイバーソンさんの盗まれた宝石が無事に戻ったと投稿。「アレンはフィラデルフィア警察署と市民の皆さんの協力に感謝している」とつづった。

アイバーソンさん本人もこの投稿を自らのアカウントにリツイートした。

アイバーソンさんは1996年のドラフトでNBAのフィラデルフィア・セブンティシクサーズ(76ers)に加入。キャリアの大半を同チームで過ごした。オールスターに11回出場し、チームをNBAファイナルに導くなど、選手時代は伝説的な活躍をしたことで知られる。

現役引退に伴い、76ersは2014年にアイバーソンさんが付けていた背番号3を永久欠番とした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]