ベルナルド・シウバに処分、出場停止と罰金 「人種差別的」投稿で

ベルナルド・シウバ選手に、1試合の出場停止と罰金5万ポンドが科された/Marc Atkins/Getty Images Europe/Getty Images

ベルナルド・シウバ選手に、1試合の出場停止と罰金5万ポンドが科された/Marc Atkins/Getty Images Europe/Getty Images

(CNN) 英イングランド・サッカー協会(FA)は14日までに、マンチェスター・シティーに所属するポルトガル代表ベルナルド・シウバに対し、チームメートに関する「人種差別的」な内容をツイートしたとして、1試合の出場停止と罰金5万ポンド(約700万円)を科した。

FAはこのほか対面研修への参加も指示した。シウバは問題の投稿について、侮辱的かつ不適切な内容であり、競技の評判を損なったことを認めている。

シウバは9月、同僚選手バンジャマン・メンディの子どもの時代のものとみられる写真を投稿し、「誰だと思う?」との文言を添えた。写真の横にはスペインのチョコブランドの茶色のキャラクターの画像も添付されていた。

これに対しソーシャルメディアで激しい批判の声が上がり、シウバはツイートを削除。「最近は友人とジョークを言うこともできない」と嘆いていた。

FAには差別的行動に最低6試合の出場停止を科す規定があるが、報告書ではシウバの模範的な性格と過去の言動を踏まえ、こうした処分には相当しないとした。ただ、今月23日に行われる次節チェルシー戦には出場できない。

FAはこのチョコ菓子のキャラクターを巡って議論が存在することを確認しつつ、歴史的な経緯を知る人は「限られた少数に過ぎない」と指摘。シウバが育ったポルトガルでは「おなじみのブランドとキャラクターであり、問題ないと考えられている」とした。

そのうえで「ツイートの意図が親友の間でのジョークに過ぎなかったことは明白」とする一方、ソーシャルメディア上で60万人のフォロワーが目にする結果となっており、私的なおふざけとは言いがたいとの見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]