ボールガールに「すごくセクシーだね」、テニス審判を資格停止 伊

試合中、ボールガールに「セクシーだね」と声をかけたテニス審判が資格停止に/Pool/Getty Images AsiaPac/Getty Images

試合中、ボールガールに「セクシーだね」と声をかけたテニス審判が資格停止に/Pool/Getty Images AsiaPac/Getty Images

(CNN) イタリアで行われた男子テニスの試合で、イタリア人審判が10代のボールガールに「すごくセクシーだね」と声をかける場面があった。この様子をとらえた動画が公開されたことを受け、審判は資格停止処分となった。

処分を受けたのはジャンルカ・モスカレッラ審判(46)。先週フィレンツェで行われたペドロ・ソウザ(ポルトガル)対エンリコ・ダッラバッレ(イタリア)の試合中、ボールガールに嫌がらせをしたとみられる。

インターネット上で拡散した動画では、モスカレッラ氏が「君は素晴らしい」「すごくセクシーだね」と声をかけるのが聞き取れる。

セクハラ発言は次セットの終了後にも続き、「君、大丈夫? 今日は暑いね。ホットな気分じゃないか? ホットなのは体と感情のどちらかな? 両方とも?」と尋ねている。

イタリアメディアの報道によると、ボールガールはわずか16歳。

男子プロテニス協会(ATP)は声明で、モスカレッラ氏について「問題発覚を受け、直ちに今大会から除外した」と説明。徹底調査に着手したことを明らかにした。

そのうえで「調査結果が出るまで、モスカレッラ氏はATPの契約審判としての業務を暫定的に停止された」としている。

  
      

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]