N・キッドマン、T・クルーズとの結婚で「セクハラから守られた」

ニコール・キッドマンさん(左)とトム・クルーズさん/Dan Callister/Newsmakers/Getty images

ニコール・キッドマンさん(左)とトム・クルーズさん/Dan Callister/Newsmakers/Getty images

(CNN) 米女優ニコール・キッドマンさんは米誌ニューヨーク・マガジンのエッセーで、元夫の俳優トム・クルーズさんとの結婚を振り返り、「当時は夫のおかげでセクハラから守られていた」と語った。

キッドマンさんは映画での共演をきっかけにクルーズさんと知り合い、1990年に22歳で結婚。男女2人の養子を迎えたが、2001年に離婚した。その後、オーストラリア出身の歌手キース・アーバンさんと再婚して2人の娘をもうけている。

キッドマンさんはこれまで、クルーズさんとのことについて多くを語ってこなかった。エッセーでは「話すのがためらわれる。今は最愛の人と結婚しているから、失礼な気がして」と打ち明けた。

そのうえで、クルーズさんとの結婚は「私のガードだった」と振り返った。「かれを愛していたから結婚した。でも一方で、とても大きな力を持つ男性の結婚相手であることが、私をセクハラから守ってくれた」

さらに「だから離婚した32~33歳の頃になって、大人にならなくちゃ、みたいな気持ちになった」と語っている。

キッドマンさんは、米FOXニュースの最高経営責任者(CEO)だったロジャー・エイルズ氏のセクハラ問題を題材にした新作映画で、被害を訴えた同局の元キャスターを演じている。エイルズ氏は辞任に追い込まれ、昨年死去した。

その後の「#MeToo」運動では、ハリウッドの有名人らによる性的暴行に対し、女性たちが次々と声を上げている。

キッドマンさんにも「似たような経験はある」という。ただ、それを記事の中で暴露するのではなく、作品の中で表現したいと語る。「私の中にあるさまざまな経験や感情を活用したい。それはセクハラだけでなく、喪失、死、人生の出来事全てだ」と話し、詳しくは語らなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]