テイラー・スウィフト、MTV授賞式で性的少数者「平等法案」支持を呼び掛け

最優秀ビデオ賞を獲得した人気歌手テイラー・スウィフトさん/Dimitrios Kambouris/VMN19/Getty Images North America/Getty Images for MTV

最優秀ビデオ賞を獲得した人気歌手テイラー・スウィフトさん/Dimitrios Kambouris/VMN19/Getty Images North America/Getty Images for MTV

(CNN) 米MTVビデオ・ミュージック・アワードの今年の授賞式が26日に開催され、最優秀ビデオ賞を獲得した人気歌手テイラー・スウィフトさんが受賞スピーチで、性的少数者の差別を禁じる「平等法案」への支持を訴えた。

受賞作品はファンらの一般投票で決まる。スウィフトさんは最優秀賞に輝いた「You Need to Calm Down」のビデオの最後でも、同法案の成立を求める請願書への署名を呼び掛けていた。

スピーチでは「請願書にはすでに50万人の署名が集まっている。これは、ホワイトハウスが回答しなければならない人数の5倍に当たる」と指摘。

さらに、「皆さんがこの作品に投票したということは、だれもが法の下で平等に扱われる世界を皆さんが望んでいるということ」と強調した。

今年の式典では、最優秀ラテン賞のプレゼンターを務めたラップ歌手フレンチ・モンタナさんと女優アリソン・ブリーさんからも、現政権の移民政策を批判する発言があった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]