トランプ氏のゴルフ記録にハッキング、ハンディキャップ増加狙う?

ゴルフをするトランプ大統領。トランプ氏のスコア記録に不正侵入があったことがわかった/Leon Neal/Getty Images

ゴルフをするトランプ大統領。トランプ氏のスコア記録に不正侵入があったことがわかった/Leon Neal/Getty Images

(CNN) 全米ゴルフ協会(USGA)は19日までに、トランプ米大統領のゴルフのスコア記録にハンディキャップを増やすことを狙ったとみられる不正侵入があった事実をCNNに明らかにした。

ハッキングが確認されたのはUSGAの「ハンディキャップ情報ネットワーク(GHIN)」のシステムで、101、100、108、102のスコアの数字が送られていた。これらの数字はUSGAがその後削除した。

トランプ大統領のゴルフのスコアをめぐっては先月、68という生涯のベストスコアを出したとの情報も流れていたが、この記録も同様に削除された。

USGAの報道担当者は声明で、トランプ大統領のGHIN上のアカウントに載った最近のスコアを疑問視するメディア報道を踏まえ、データを吟味したと指摘。

その上で「誰かがトランプ氏に代わり多数のスコアを誤って載せたとみられる」と述べた。ハンディキャップの数字は少ないほどゴルフの腕前が高度なことを意味する。

USGAによると、5つのスコアが今回削除されたことでトランプ氏が持つハンディキャップ1.8は今後変更されることになる。1.8の数字はハンディキャップ情報を提供している全てのゴルファーの上位4%内に位置するという。

GHINのデータ更新は毎月1、15両日のため、トランプ氏の新たなハンディキャップの開示は6月1日まで待たなければならない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]