共和党内から初、トランプ大統領の弾劾を呼び掛け アマッシュ下院議員

米共和党のアマッシュ下院議員が、トランプ大統領の行動は弾劾に相当すると主張した/Bill Clark/AP

米共和党のアマッシュ下院議員が、トランプ大統領の行動は弾劾に相当すると主張した/Bill Clark/AP

ワシントン(CNN) 米与党・共和党のジャスティン・アマッシュ下院議員(ミシガン州選出)は18日、ツイッターへの書き込みで、トランプ大統領の行動は弾劾(だんがい)に相当すると主張した。

アマッシュ氏はツイートで、議会はトランプ氏を司法妨害の罪に問うべきだと述べた。現職の共和党議員がトランプ氏の弾劾を呼び掛けたのは初めて。

アマッシュ氏はかねて、共和党議員としては異例のトランプ氏批判で知られ、同氏が連邦捜査局(FBI)のコミー前長官に圧力をかけた行為は弾劾に相当するかもしれないとも発言していた。

18日のツイートでは、マラー特別検察官がまとめた捜査報告書をよく読めば、トランプ氏による司法妨害の例が複数指摘されていると主張。「証拠不十分」としたバー司法長官の説明に反し、報告書には弾劾の条件を満たす具体的な行為や行動パターンが記されていると書き込んだ。バー氏が報告書の内容をめぐり、国民に誤解を与えているとも非難した。

アマッシュ氏はさらに、与野党双方の議員が政治的動機で立場を決めていると批判し、政党や大統領個人への忠誠が憲法より優先されるなら「自由の礎である法の支配は崩壊する」と強調した。

下院の民主党指導部がトランプ氏弾劾に消極的な姿勢を示してきたのに対し、アマッシュ氏は民主党を上回るほどの強さで弾劾を求めている。

民主党で同じくミシガン州選出のタリーブ議員は同日、アマッシュ氏に向けたツイートで、自身が準備している弾劾決議案に参加するよう呼び掛けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]